瑪瑙と風水的意味合い

これまでは、私達自身へ。

瑪瑙のオーラで満たすことを、ご紹介してきました。



センタリングした私達。
(自分の中心軸。内なる神性と統合、一致した私達。)

は、

到着する地点。

着陸する場所。


すなわち、「形にする場所」が、必要になります。


「グランディング」です。




日本の神様も、

その実態は「光」ですが、


「お宮」があることで、

着地地点が出来、


地上にご光臨されます。



地上に、お宮があることで、


着地してくださっているからこそ、


光の柱が、地上に降り立っています。



そして、私たちのために、働いてくださっているのです。




私達にも、

全く同じことが言えます。



内なる神性を、着地。

着陸させる場所。



私たちのお宮は、

「家」です。




私たちが、

光へ向かえば向かうほど。



自分の内なる神性に向かえば向かうほど。



良いことがありますが、





その分、グランディングの場所である

「家」への、


重要性を、感じる必要が出てきます。




私たちの光が大きければ大きいほど、

家への重要性が増すということです。





私たちの神性の、聖なる着地地点

「家」


私たちの神性の「お宮」である「家」にも。



瑪瑙のオーラで満たしてゆきます。




そうすることで、


中心軸に向かう、私達を安心して、


地に足をつけさせ、


センタリングをますます加速させます。





そして、「家」の役割は、

「地上で私たちの夢を形」にする、

役割もありますので、



家への、重要性、意識が増すことで、


私たちの、神性は、地上に降り立ちます。





よって、夢や想いが、

「形」になるのです。




私たちの魂の想いで生きよう!


という想いが、



本気であれば、本気であるほど、


おのずと、


場所、家は、整ってきます。







瑪瑙を持つときの心持


← 瑪瑙の神性

(プルダウンメニューからも、ご覧いただけます。)