~2020年特別セッション~瑪瑙を持つときの心持

私たちの神性を、地上にいながらにして、

感じ、感じ続けられ、そして確信、浸透させてくれる瑪瑙。


天とつながる瑪瑙を、持つということは、

「真実の私の姿で(心で)生きてゆきます」


と、天へ(自分へ)宣言することと、同じです。


「天使や、神様、女神様の見てくださっている、

自分自身の姿で、生きてゆきます。」


と、宣言するような気持ちで、持ちましょう。



また、

瑪瑙は、私たちの神性に響き渡るよう、周波数を放っています。


がしかし、

中心軸は、「自分」です。


瑪瑙が中心軸ではありません。


自分自身が、中心軸となって、瑪瑙を持ちましょう。


そうすることで、

瑪瑙の本来の神性が発揮されます。






→ 2020年~特別セッション~は、このような方へ。


← 瑪瑙と風水的意味合い

(プルダウンメニューからも、ご覧いただけます。)