2021年「幸来る暦」情報, 佑紀空宙◇ブログ

2021年の光の着物。

2021年「幸来る暦」の背表紙の帯は、

美梨子さんの、ブログに、ご紹介いただいています経緯で

お選びいたしております。



幸来る暦の、制作の作業の中でも

1番と言って良いほど、

要となるのが、


背表紙の帯の部分です。



実際の作業としましては、

帯の部分に関しまして


私が、一つ一つ。

おつけいたしております。



その時に、最終仕上げのイニシエーション

かの如く。


その方の魂に、


2021年の歳神さまから

「2021年の光の衣」

を、着せられています。


背表紙は、

2021年の神様から着せられた


着物

なのです。


歳神様は、笑顔で

着せてくれています。


魂に

2021年の光の衣を着せられた皆様です。




帯の作業時に、思ったのですが、


ひょっとしたら、


私に、着物を着せられた感覚が

残っていらっしゃる方も、いらっしゃるのでは?


と、思うほど、

明確なビジョンの

光の着付けの時でした。













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です